銀行のおまとめローンの仕組み

一般的なローンと、銀行のおまとめローンとは、何が違うのでしょう。

まずすべきことは、今の時点で、どこにいくら借りているのかを把握することです。

現在、手持ちのローンを全額完済するためには、何円必要かを調べてください。

 

合計金額に等しい金額を銀行のおまとめローンから融資を受けて、今ある手持ちのローンを全て支払ってしまいます。

ローンの全額を支払うという形をとりますので、結構な金閣を借り入れなければいけなくなるでしょう。

 

おまとめローンとして使うためのローンは金利が低く、高額の融資が可能なところに限られるため、銀行になりがちのようです。

おまとめローンを利用するためには、そのお金を借りるための審査を受ける必要があります

無事に審査に通過した場合、おまとめローンを利用した銀行か、それぞれの金融会社へと直接返済をしてもらえるという形になります。

 

今までのローンの返済がなくなった代わりに、おまとめローンの銀行へとお金を返します。

ローンの利息は、金利に基づいて日割りで計算されます。前倒しで返済することによって、利息がつく前に借りたお金を返すことができますので、それだけ利息が減額できます。

 

おまとめローンという方法で返済をすることで、本来の返済金額より、少ない金額でお金を返しきることができるようになります。

いくもの会社からお金を借りていると、月に何度も返済日がやってきますが、おまとめローンにすれば月の返済日は1回限りです。

ローンを組むと、全額返済できるかどうかという部分が、どうしても精神的なプレッシャーになってしまいます。

 

返済日が月一になり、精神的なストレスが緩和されるということは、とても大きな効果があります

他社から借り入れをしていた時よりも、より低金利で融資を受けることができているのであれば、

結果的に完済に必要なお金を減らすことができますので、おまとめローンは低金利の銀行を使うといいでしょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

困った時のサービス豊富なプロミス

内緒でお金借りたいならモビットのWEB完結申込

おすすめ記事

ページ上部へ戻る