クレジットカードとカードローンの賢い使い方

カードローンを、クレジットカードと似たようなものと思っている人がいますが、そんなことはありません。

用途が異なるために、審査でチェックする着眼点も違います。

カードローンの役割はお金を貸すことであり、

クレジットカードのように店頭でのカード決済には利用できません。

ショッピングに使ったり、店での決済に使うことには対応していません。

 

一方、クレジットカードは、キャッシングとしても使えるようになっています。

限度額があらかじめ取り決めてあり、その金額内であれば融資が売れられます。

カードローンの方がクレジットカードの融資よりも低金利で、

まとまった金額が借りられるという傾向があります。

出かけている時や、旅行中などに、急にお金を準備しなければいけなくなった時など
役立つでしょうが、借入額が多くないこともあります。

 

カードローンとクレジットカードの具体的な違い

カードローンは、カードを持ち続けていいても、年会費を徴収されることはないですが、

クレジットカードには年会費がいるものがあります。

金融会社によって、独自のサービスをつけたカードローンも多く出ていますので、

まずは情報収集から入るといいでしょう。

 

融資を受けられる年齢は20歳以上というところが多いですが、

上限は会社によってまちまちですので、あらかじめ聞いておくなどするといいかもしれません。

借りたお金はきんと返せるように心がけ、クレジットカードであれ、

キャッシングであり、無理なく返せる範囲のみ借りましょう。

持ち合わせがなくても商品が買えたり、お金が必要な時に用立てたりできますので、

クレジットカードも、カードローンも、とても便利です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

困った時のサービス豊富なプロミス

内緒でお金借りたいならモビットのWEB完結申込

おすすめ記事

ページ上部へ戻る