キャッシング専用カードの比較

使用時の目的に応じて、キャッシングカードには、いくつかの種類があります。

金利の低さ、いくらまでの融資が可能か、審査のハードルは高いか低いかなどで、キャッシングカードは比較できます。

どのキャッシング会社でも、申込時には審査があります。

審査の結果によっては、キャッシングを申し込んでも、断られる可能性があります。

近年では、審査がスピーディーに行われるところが多くなっており、即日融資が可能なキャッシングなどは、とても重宝されています。

キャッシングサービスは、クレジットカードでも利用できるようになっていますが、キャッシングカードを使ったほうが、金利が低く、高額融資が期待できます。

まとまった金額の融資を必要としていて、返済プランができているなら、キャッシングカードを使うといいでしょう。

金融会社から借りる金額は500万円くらいが限度になっているようですが、もっとたくさん借りたいという人に対応している金融外資もあります。

キャッシングで借りられる金額は、年収の3分の1を超えてはいけないと、法律で決まっています。

総量規制と呼ばれる法律で、以前はありませんでしたが、法改正でこのような形になりました。

キャッシングカードを何枚も持っている人に対しては、貸付上限金額の合計額が総量規制の対象になっています。

ただし、銀行から借りている分は、総量規制にあてはまりません。

貸金業法で定められている法律なので、適用されるのはクレジットカード会社や、消費者金融会社、信販会社などです。

キャッシングの金利は、20%を越えてはいけないということになっています。

これは2010年に出資法と貸金業法が見直されたことによります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

困った時のサービス豊富なプロミス

内緒でお金借りたいならモビットのWEB完結申込

おすすめ記事

ページ上部へ戻る