グレーゾーン金利とキャッシングの過払いについて

この頃、キャッシングの過払い金の請求相談について、テレビやネットなどで宣伝が出ていることが少なくないようです。

グレーゾーン金利と呼ばれる金利の設定があったころは、利息制限法をオーバーするような金利もよくありました。

2010年に法律が見直され、グレーゾーン金利は撤廃されました。

利息制限法より多く、出資法より少ない金利ことを、キャッシングの過払い分という言い方をしています。

今までキャッシングを使っていた人の中でも、過払い金を支払っていたことに気づいていないという人は大勢います。

過払い金がある人は、超過分の返済をキャッシング会社に請求すると、その分のお金を返してもらえます。

お金借りる

 

過払い金の内容

現在は法改正によってグレーゾーン金利がなくなりましたが、それ以前にキャッシングを開始していた場合、過払いが発生し続けていることもあります。

借りたお金を返し終わっている人は、過払い請求をしてお金が戻ってきても、それで困るということはないようです。

返済が終わっていないキャッシングに対して、過払い請求をしてもまだ完済できないという場合は信用情報に履歴が残ります。

また、過払い請求の請求権は、一番最後に返済手続きをしてから10年まで有効ですので自分の状況がどうかチェックしてみてください。

また、個人で過払いの請求をすることは可能ですが、キャッシング会社側がすぐに応じることは少ないため、時間も労力もかかってしまいます。

金額が大きい場合は、キャッシング会社もそう簡単に支払おうとしなくなりますので、弁護士や司法書士に頼ったほうがいいかもしれません。

自分のキャッシングの借り入れについて、過払いしている可能性があるかどうか一度確認してみることをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

困った時のサービス豊富なプロミス

内緒でお金借りたいならモビットのWEB完結申込

おすすめ記事

ページ上部へ戻る