レディースローンで女性がお金を借りる時に注意すること

レディースキャッシング(レディースローン)は女性でも安心して利用できると言われていますが、

注意しなくてはならない点もあります。

レディースキャッシングは、どんな点に注意しなければならないと思いますか?

 

専業主婦は消費者金融は向いていない!

女性がキャッシングを利用する場合、レディースキャッシングは女性に取って有利とは言われています。

ただ有利と言っても、専業主婦には融資してくれないキャッシング業者も多いです。

特に「総量規制の対象」になる消費者金融では、専業主婦の申し込みは積極的では無いです。

総量規制は収入の1/3以下だったら貸し付けを行なっても良い法律ですので

専業主婦のように元から安定した給料が無い場合は基本的に厳しいです。

 

専業主婦には銀行カードローンが向いている!

逆に銀行系などの「総量規制対象外」のカードローン会社を使う方法はあります。

銀行系カードローンなら収入証明書も200万円以下の借り入れなら原則不要といっている銀行もあります。

銀行カードローンの中には専業主婦専門の申し込み窓口もあるので、ますます利用しやすくなっています。

専業主婦の方がお金を借りる時には最初から、銀行カードローンを検討して行きましょう。

申し込みブラック(多重申し込み)には気を付けましょう!

ただ銀行系のカードローン会社を使うにしても、同時に何件も申し込みをしてはいけません。

3件までがどんなに多くても限界です。

申し込みを3件以上することは、レディースキャッシングがいくら女性に向いていると言っても危険です。

申し込みブラック(多重申し込み)にされてしまい、借り入れができなくなってしまうので注意が必要です。

 

既に借金のある方は借金を減らすことから検討しましょう!

既に他社で借金がある方は、レディースキャッシングよりも、

「おまとめローン」「乗り換えローン」といった多重債務を減らす検討を先にした方が良いです。

上手に「おまとめローン」や「乗り換えローン」を活用した方が、返済の負担が軽減されるケースがありますし、

第一「借金」が増えて良いことはありません。

現在ではいろいろな賃金会社が、「おまとめローン」「のりかえローン」のサービスを実施していますので、

新規の借金を増やす前に一度、真剣に検討してみる価値があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

困った時のサービス豊富なプロミス

内緒でお金借りたいならモビットのWEB完結申込

おすすめ記事

ページ上部へ戻る