お金の借り方で失敗しないコツは返済能力を見極めておくこと

お金の借り方は借り手本人が決めるものですが、失敗しない借入をするためには借りすぎないことが大切なのです。

借りすぎて返済できなくなると個人的信用に傷がついてしまうので、無理をしない範囲で借りることです。

キャッシングなどでお金を借りるときは、必要書類として本人確認書類・収入証明書類などを用意します。

この2つの書類で必須となるのは本人確認書類であり、収入証明書類は少額の借入では不要となることが多いです。

希望額が大きくなるほど、金融機関は身長に審査をするというわけです。

 

お金の借り方で失敗しないためには

お金の借り方で失敗しないためには、自身の返済能力をシミュレーションしておく必要があります。

年収の20%以内が安全ラインなどと言われますが、これは平均的な指標にすぎません。

年収の30%でもラクラク返済できるという人もいれば、10%でも厳しいという人もいるのです。

自身の返済能力は自分以外はわからないため、収支のバランスを考えて決めていくしかありません。

例えば、年収1,000万円の収入を得ていれば返済能力は高いと思うかもしれませんが、貯金できない生活設計をしていれば返済には回せないでしょう。

収入が少なくとも毎月貯金できる人のほうが返済能力は高いと言えるのです。

返済能力を把握したお金の借り方をすれば、失敗することはないでしょう。

ローン返済中は貯金をすることよりも、返済に専念するのが正しい方法です。

早期完済をして減らせる利息というのは、銀行預金で発生する利息より大きいのです。

お金借りる前に絶対確認必要な失敗しないお金の借り方が参考になりました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

困った時のサービス豊富なプロミス

内緒でお金借りたいならモビットのWEB完結申込

おすすめ記事

ページ上部へ戻る